カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

ししゃもと言えば鵡川町が有名ですが、実は水揚げのNO1は?

広尾のししゃも「味」な話

ししゃも(柳葉魚)は、キュウリウオ科シシャモ属の日本固有の魚で、北海道太平洋東沿岸でのみ漁獲される魚です。お酒のおつまみに広く食べられていますが、実は市場に出回っているのは、ほとんどが輸入物。しかも、カラフトシシャモ(カペリン)という魚で、ししゃもとは全くの別物。姿は非常によく似ていますが、味は全く違います。
広尾町は、実はこの貴重なししゃもの水揚げが、全道の30%内外(マリンネット調べ)。つまりシシャモ水揚げ日本一の町なのです。
晩秋から冬にかけて前浜で獲れた、銀ピカのししゃもを、すぐに従来の「本乾」と、広尾町特産の「生干し」の2種類に分けて加工します。
「本乾」はシシャモ本来のものを軽く魚焼器で焼いて(あぶって)いただきます(フライパンでも焼けます) 。「生干し」は冷凍状態からそのまま魚焼器で焼いて、ジューシーな状態で召し上って下さい。

「肴はあぶったイカで良い」といいますが、あぶったシシャモも格別で、お酒好き、魚好き、通にはたまりません。この機会に、是非広尾町の銀ピカの本物のししゃもをご賞味下さい。きっとびっくりしますよ!

甘い誘惑、十勝のお菓子

甘い誘惑、十勝のお菓子

 広尾町のある北海道十勝はお菓子の国。
十勝でつくられた牛乳やバター、豆や粉など、安全・安心な素材をふんだんに使い、丁寧に作られたお菓子がたくさん!

 人口9千人の広尾町内だけで、お菓子工房が6軒。そんな競合店ひしめく中で、各々の菓子工房はその真価が問われています。うち4軒が、ひろお産直市場にお目見えしました。

 どのお店も厳選された材料を使い、技を磨き、十勝の自然の中で育まれた商品を、自信を持って全国の皆様のお手元にお届け致します。